代表者略歴

 1944年 熊本生まれ。1967年、東南アジア向け鉄鋼材・機械等の専門商社に入社。マレーシア駐在員として赴任し、シンガポール、インドネシアを中心に貿易取引。

 

   その間、マレーシア国内の人種暴動に遭遇、為替変動、石油危機等による不測の事態を体験。1977年、商社を退職し、法務省・公安調査庁に採用、以後2005年3月に退職するまで約28年間、一貫してテロ対策等の情報収集、評価、分析等の業務を外国情報機関との渉外連絡を中心に担当。その間、1982年から1985年までイスラエル国テルアビブ大学ヤッフェ戦略研究所客員として同国に滞在、その間イスラエル軍のレバノン侵攻軍事作戦の経緯を現認体験した。また、1989年には人事院短期在外研究制度により渡米、関係機関との交流を深め約4か月間のスタンフォード大学フーバー研究所でテロ対策を含む治安関係の立法例等の研究。

 

   帰国後、湾岸戦争、在ペルー日本大使公邸占拠事件、長野冬季オリンピック大会、日韓共催FIFAワールドサッカー大会、及びアテネ・オリンピック大会等のテロ対策に係わり、特に2001年9月の米国同時多発テロ事件の発生以降、世界の治安情勢が一変した中で、国際テロ会議、セミナーに出席し、外国機関との協議等で忙殺される。

 

    2005年3月、公安調査庁を定年退職し、同年4月、安全・危機管理のコンサルティングを業務とする日本アイシス・コンサルティング株式会社を設立。東京財団のユーラシア情報関連の研究員。2008年9月、英国の包括的セキュリティサービス会社であるグローバル・ストラテジーズ・グループ(GLOBAL社)と業務提携を結び、イラク、アフガニスタンなど中東・北アフリカ地域のハイリスク環境下におけるセキュリティサービスを日本政府、関係機関、民間企業等に提供する。

 

    共著に、「国際テロリズム入門」、「テロリズムの法的規制」、セキュリティ・インテリジェンスレポート寄稿、講演等多数。

▲このページのトップに戻る