代表取締役社長 益田哲夫 ご挨拶

01-1.bmp     弊社設立の目的は、現在、国の内外を問わず、市民一人ひとりの安全と安心が不十分な社会情勢にあり、その対応が身近な問題になっています。このことから、この現実を直視し、様々な問題に耳を傾け、それらを解決するためであります。

 

    私は、10年の東南アジアでの海外駐在を含む商社勤務と28年余の法務省・公安調査庁勤務、そして、弊社におけるセキュリティ・コンサルティング業務の中で様々な危機に遭遇し、対処してきました。

 

   特に、2001年9月の米国同時多発テロ事件発生後、世界の安全保障と治安情勢が一変した中で、国際テロ、アフガニスタン問題、北朝鮮の核開発問題、そしてイラク問題などのわが国の安全保障を脅かす相次ぐ不安定な状況に、インテリジェンスの一翼の一員として同時、並行的に対応しなければならないという事態を経験しました。

 

    また、この間、我が国のテロ対策に向けた対応措置構築の中で、政府関係省庁、外国情報機関、及び在日大使館等からのご支援、さらに、経済団体連合会を始め各種経済団体、および研究機関など、多くのところから国際テロ情勢に関わる講演と研究会参加の機会を与えていただき、我が国に対する国際テロの脅威の情勢について説明させていただけたことは、現在の国際テロリズムの脅威の本質について、少しでもご理解をいただけたのではないかと存じます。

   

   そして今、アルジェリアで起きたテロ人質事件は、これから海外でビジネスを展開されている、またこれから展開をしようとされている日本企業や関係諸機関に新たな安全、危機管理対応が必要であることを示しました。

 

    今後はテロ問題を含む複雑、多岐にわたる安全・危機管理の問題にいかに対処して日本が再び、「安全神話」を取り戻して、安全な経済活動と発展、そして市民生活の安全保持に奉仕する方途がないかを私たちの専門家チームで対処して参りたい所存です。

 

    このためにも、少しでもお役に立てる情報と危機管理対策をご提供できればと思っております。今後の弊社へのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

日本アイシス・コンサルティング株式会社

代表取締役社長  益 田 哲 夫

▲このページのトップに戻る